ビ・ウェルのリアルオーダメイド

07 満足できるオーダーメイドをするために

一邸、一邸、オンリーワン。

一邸、一邸、オンリーワン。

自分や家族がどんな暮らしがしたいかを紐解くかのような住まいづくり。ビ・ウェルのコーディネーターといろいろな事を確認しながら、共通認識の下オーダーメイドは進んでいきます。

和建設のリアルオーダーメイドマンションは、注文住宅をつくるように一邸一邸、オンリーワンのわが家をつくりあげていくスタイル。お客様一組一組に専任の住宅コーディネーターが付いています。住まいづくりはまず、そのコーディネーターがお客様のご要望をお聞きすることから始まって行きます。そのお話の中からカタチのないものをカタチにしていくために、ていねいなコミュニケーションやアプローチが必要。模型やCG、パース、実際の素材を見ていただくなど、プレゼンテーションの内容もさまざまです。住まいのイメージを常に共有しながら、お客様の想像を超えるクオリティーの住まいをつくりあげたい。そのための努力は惜しみません。

ご家族それぞれに夢やご要望があるはず。ひとりひとりにそのイメージをお聞きしながら、家づくりの方向を示す羅針盤をつくっていきます。まだ漠然としていてことばにならないイメージを伝えたい時など、ご家族と一緒にやってみると効果的です。

たとえば部屋の数を増やしたり、仕切りを外してリビングを広くしたり。ご希望のイメージを整理しながら、部屋の広さや配置など暮らしのイメージ図をつくっていきます。しっかりとした図面をつくるというよりは、頭の中のイメージを引き出してスケッチするような感じ。自由な発想で楽しみながら一緒に行って行く作業です。

何度も何度もスケッチを重ねながら、今まで見えていなかったご家族の家に対する想いをカタチにしていきます。少しずつ変更することも可能なので、お互いにイメージを共有しやすいのも良い点です。

絵の具やマジックを使いながら、色づけをしていきます。暮らしのイメージがより鮮明になって、なんだかワクワクしてきます。カラーコーディーネートの参考になるかもしれません。

平面の図面ではなかなかイメージできない場合は、CGで立体的に奥行きや質感をお見せすることも。実際のできあがりに近い状態でご覧頂けます。

ショールームでは床材や壁材などのマテリアルや、ドアや建具など、実際のアイテムのサンプルを見て、さわって、確かめることができます。カラーや素材同士の相性など、さまざまなアイテムを組み合わせてお選び頂けます。