ビ・ウェルのリアルオーダメイド

02 うつくしく暮らしたい

うつくしい空間で、ていねいに暮らす。

うつくしい空間で、ていねいに暮らす。

収納は生活空間のなかでも、ものすごく大きな役割をもっています。いかに収納のTPOをあらかじめ考えておくかが大切。美しく、ていねいに暮らし続けられるしあわせです。

美しく片付いた暮らしを続けていくのはむずかしい。働きながら家事や子育てに追われているママたちにとっては、なおさらです。そのために必要なのは、家づくりが始まった時から、TPOに合わせた収納計画をきちんと考えていくこと。
限られたスペースのマンションでも、ここまでの収納容量が可能です。ビ・ウェルはシンプルで整理整頓された空間デザイン。収納スペース自体もインテリアの一部として活用します。

空間がうつくしく見えるデザイン

ビ・ウェルの空間がシンプルで美しく見えるのには、和建設ならではのこだわりと理由があります。少し専門的な話になりますが、暮らしの背景は家具などの面を美しく見せる、目にうるさい線をできるだけ少なくする、その面と線が重なる建具や棚などの高さを揃えたり、角の収まりを整えるなど、実は細部にまでこだわる姿勢が貫かれています。それが上質でシンプルなデザイン空間を生み出している秘密です。

壁面収納は理想の収納

シンプルに美しく暮らせる空間づくりのために、ビ・ウェルでは壁一面を使って大容量の壁面収納を提案。よけいなものが暮らしにはみださず、しかも、手が届くところにきちんと片付けられるので、奥様たちから「自然とものが片付く理想の収納」と人気です。オーダーなので床や建具の素材や色と合わせることができるため見た目も美しく、また、つくりつけなので地震でも倒れてくる心配もなく安心です。

見せる収納、飾る収納

自分でインテリアを工夫したり、家族の思い出の写真や習い事でつくった作品を飾ったり。ビ・ウェルのお客さまはご自分たちのスタイルやこだわりを持った方が多いようです。それぞれのご家族の個性に合わせて楽しい生活が送れるよう、しまう収納だけではなく、見せる収納、飾る収納も提案しています。

ほしいところに、ほしい収納

あらかじめ計画しておけば、マンションでも驚くほど収納スペースが確保できます。キッチンや洗面所はもちろん、用途に合わせて大容量のシューズクロークやウォークインクローゼットなど、ほしい場所にほしい収納がつくれます。さらにデッドスペースを活用することで、あらゆるところに収納スペースが生まれます。空間活用術の上手なビ・ウェルです。